2016年5月26日木曜日

6月4日 モザイクタイルミュージアム・オープン!

いつも名古屋モザイク工業をご利用頂きまして
誠にありがとうございます。

さて、来たる2016年6月4日(土)
岐阜県多治見市、

「モザイクタイルミュージアム」

なるものが、ついにオープン致します!


笠原公民館の一角に突如現れた
土のかたまり。
てっぺんからは、空に向かって植物が伸び始めています。
これは一体…?


設計者は
自然と調和する、まるでジブリに出てきそうな温かな作風が特徴の藤森照信 氏。
東京大学名誉教授等を努められてきた日本を代表する建築家のお一人です。

タイルの原点・土に着目したこの「モザイクタイルミュージアム」には、

モザイクタイル全国一の生産量を誇る地元の
業界団体様方による、
ここでは語りきれない熱い想いと、沢山のストーリーが詰まっているのです。

収蔵品の中心となるのは、
地元の有志がモザイク浪漫館に長年収集して来た
タイルたち。
そしてタイルを介して人々や街が交流できるような、
ユニークな施設を目指しているそうです。

是非足をお運びください。

一部ウェブサイト「tmtm28」より抜粋

モザイクタイルミュージアムFacebook



--------------------------------------
--------------------------------------
モザイクタイルミュージアム
〒507-0901 多治見市笠原町2082-5
TEL. 0572-43-5101
FAX. 0572-43-5114
公式ウェブサイト
会館時間:9 : 00 〜 17:00
休館日:月曜・年末年始
--------------------------------------
--------------------------------------


そして、6月4日(土)、5日(日)ほか2回開催される
ワークショップを担当される講師はなんと、
現代美術作家の大巻伸嗣 氏

岐阜県出身の彼は、現在、東京藝術大学美術学部の教授を努められています。
Louis Vuitton 2016-2017 FW パリコレクションとのコラボレーションや

Hermès パリ セーブル店での個展など、

世界中のエキシビジョン・インスタレーション等でひっぱりだこの方です。

是非ご参加下さい!